HOME
インターネット広告代理店 会社概要 プライバシーポリシー 各種申込 お問合せ
広告主サイトについて サイトマップ 広告掲載について 広告掲載募集 広告営業スタッフ募集

電子書籍 書籍 電子ブック E−BOOK BOOK 雑誌 コミック

広告主サイト 電子書籍 書籍 電子ブック E−BOOK BOOK 雑誌 コミック
カテゴリー エッセイ ノンフィクション 日記 電子書籍
詳細・説明文

考える子−娘時代の私(電子書籍 212ページ)

この日記は、女学生時代、昭和十三〜十五年頃、そして、終戦前後に書いたものの中から拾い出し、まとめたものです。 女学生時代の昭和十五年は、ちょうど紀元二千六百年のお祝いがあった年で、まだ平穏無事な楽しい毎日であったと思います。 ところが、昭和十六年十二月八日、太平洋戦争が始まり、一年位は勝利、勝利で、日本中が喜びにひたっておりましたが、二年目頃から負け戦になり、さまざまな物資が不足し始めました。 食料は配給となり、鉄製品は窓の手すりまでもはずし、国に供給しました。そのほか、いろいろ統制されて、父の商売もできなくなりました。そして、私は昭和十九年六月から女子挺身隊で、区役所の防衛課に勤めることになりました。 しかし、その年の十月頃から、アメリカのB29の空襲が始まり、日本中のアチコチが焼かれました。毎日のように、日本軍の玉砕が報じられ、昭和二十年八月十五日、終戦となり私たちは天皇陛下の玉音放送をお聞きしました。その後、女性の選挙権が認められ、私も区役所で選挙に携わりました。私は、戦争中の日記に、アメリカの悪口をいろいろと書きましたが、マッカーサーが日本に来て、「私が司令長官である限り、日本人の一人をも飢え死にさせない」 と言って、いろいろな食料を次々と放出してくれました。敗戦によって、戦争の事実・実態を知ることができ、心からよかったと思ったのでした。

Copyright (C) 2008 インターネット広告代理店 All Rights Reserved